‘>今日のナツメロ’ カテゴリーのアーカイブ

今日のナツメロ_46_TOTO Mポーカロさん死去

2015/03/16

  TOTOの元ベーシスト マイク・ポーカロさん死去ですよ。59歳。もうこれはAfrica聴くしかないでしょ。TOTOはみんな楽器がめちゃ上手いんで、何演っても「余裕〜♪」の貫禄。私はあんまりアメリカの音楽は聴かないのですがTOTOは例外です。この時代の音楽は今みたいに踊りまくらなくても、楽曲だけで充分もちました。

Toto – Africa

今日のナツメロ_45_Wishbone Ash

2015/03/16

  ツインリードの先駆者。しかも、この楽曲を超えるツインリードはないと言われるウィッシュボーン・アッシュの看板となった名曲。リード2人というとハモるのが普通ですが、この曲は2人各々のメロディーを弾きながらアンサンブルを保っているのがツインリードと呼ばれる理由。・・・らしいです。私も説明を見て「なるほど」と思いました。ウィッシュボーンは3曲ほど大好きな曲がありますが、その中の1曲です。

Wishbone Ash – Throw Down The Sword

今日のナツメロ_44_ Status Quo

2015/03/14

  女性編続いてで女ロッカーをいこうかと思ったんですが、浜田麻里のLove Never Turns Againstのスタジオ盤がYoutubeになかったのでやめました。この頃の録音は外人スタジオミュージシャンで固めてましたので、楽器の上手さもキレもレベル高いんですよね。ということで女ロッカー編はおしまい。

  で、スージーQの時にステイタス・クォーの話をしたので今日はそれに。こういうブギーロック好きです。イギリスの田舎から出て来た兄ちゃんが好きでやってたら人気者になってしまったって感じですね。昔のテレキャスの音は田舎の音がしますし、ベースの人のマスタングベースはお金ないって風味。実家はのんびり農家って感じで(実際は知りませんがw)

  こういうシンプルな音楽って長生きするんですかね。今、Led ZeppelinとStatus QuoどちらかLIVE行けるとしたらStatus Quo行きそうです。Zeppelinって旬のもので、旬が過ぎた今は魅力感じません。

Status Quo – Roll Over Lay Down

今日のナツメロ_43_The Runaways

2015/03/13

  女性編5いきます。女ロッカーのナツメロと言えば、やはり欠かせないラナウェイズ。スージー・クアトロより色モノで、音楽より下着コスチュームで歌うシェリー・カーリーが人気だったのでは?と思います。ただ手前でレスポール弾いているジョーン・ジェットの作曲の才能は優れていて、ソロになってからも結構良い作品を出していましたね。

The Runaways – Cherry Bomb

今日のナツメロ_42_Suzi Quatro

2015/03/12

  女性編4いきます。女ロッカーと言えばジャニスが先駆けなのかもしれませんが、広く世に知られた女ロッカーはスージー・クワトロかもしれませんね。こういうロックというかブギというか結構好きだったりします。例えばステイタス・クオーとか田舎臭いけど何かかっこいいですし。

Suzi Quatro – Daytona Demon

今日のナツメロ_41_t.A.T.u.

2015/03/10

  この曲も13年前なんですね。立派なナツメロになってしまいました。あらためて今見ると、アニメみたいなキャラクターと世界観ですね。この曲は作曲・アレンジ共に隙が全くない。今でもそのままアニソンに使えると思えるほど古さも感じない。好き嫌いは別として完成度が高い曲です。

t.A.T.u. – All The Things She Said

今日のナツメロ_40_カルメン・マキ&OZ

2015/03/09

  マドンナが出て来たので女性編2いきます。今後、何人であろうと日本のロックの女王の座を譲ることはない巨星にして神。SHO-YAの寺田恵子が敬愛し、歌番組の企画で対面した時は感激のあまり泣き崩れたという伝説。・・・とか言えばそれらしいですかね(笑)当時のロックにしては和製ロックっぽくない曲で、うまくキングクリムゾンの21世紀〜要素を取り入れた名曲だと思います。当時の録音技術はしょぼいのでCD音源はちょっと残念です。ちなみにこの曲がおさめられている「閉ざされた町」のジャケットイラストは故・吉田カツ氏。

カルメン・マキ&OZ – 閉ざされた街

埋め込みできない設定のようでリンクしておきます。

oz

今日のナツメロ_39_Madonna

2015/03/06

  ナツメロを思い出してみるたび、やはり私のことですから少々マニアックなものばかり浮かんで来るわけですが「これはマイケルと同じ位ナツメロにふさわしい!」と思い出し、マドンナを引っ張り出して来ました。数十年、考えてみたことも聴いたこともなかった歌手です。めちゃくちゃ流行ってましたね。個人的には全く魅力を感じない歌手ですが、アメリカ人が大好きなのは解ります。当時、このビデオはグラフィック的にキレイなので好きでした。逆光でバックのヌケが良い画像が好きです。

Madonna – Lucky Star

今日のナツメロ_38_高橋幸宏

2015/03/03

  じゃあYMO最後は高橋幸宏氏。この曲もよく流行りましたね。歌詞が女々しすぎて、今聴いても「ぐへーーー」ってなります。曲は寄せ集めっぽい感じで、丁度この頃ケニー・Gが流行っていたような気が?イントロがそれっぽいでしょw

今日のナツメロ_37_坂本龍一

2015/02/28

  細野氏と来たので坂本龍一氏と来れば、そしてナツメロと言えば“戦場のメリークリスマス”でしょう。当たり前すぎますが、年齢・性別・国を超えた名曲であることは確かだと思います。坂本教授って普段は結構ニッチなものが多いですからね。ちなみにデイヴィッド・シルビアンが歌メロをつけた楽曲はこれ。Sylvian Sakamoto – Forbidden Colours 

坂本龍一 – 戦場のメリークリスマス