今、CDはなぜ売れないと言われているのか?

2012/06/22

最近、違法ダウンロード関連〜著作権法改正の話をネットで見かけました。
「市場を公正なものに」「CDが売れるようにはならない」ー著作権法改正案、参院で参考人質疑

音楽の質が落ちたから誰も買わなくなったとかいろいろ言われていますが、アニメを見ていて思ったことがあります。ボクは評論家ではないので、手短に書いてみます。

日本の流行音楽の特徴は、友情や夢、勇気、諦めないとか・・・(あんまり詳しくないので、みなさん思い浮かべてください)そういったテーマでつくられてます。そしてオーディエンスの共感を得るというものです。

アニメもそういったテーマが多いですね。しかしアニメの登場人物は魔法や超能力を持っていたりします。さらに通常の人間ではなかったりします。空も飛べば、呪文で奇跡もおこせる。ストーリーには友情や夢、勇気、諦めないひたむきな登場人物が溢れています。しかしすぐ横にいそうな親しみやすいキャラクターだったりします。同じテーマを扱って共感を得るのなら、流行音楽よりアニメのほうが圧倒的に訴求力・共感力があります。

音楽はもともと抽象的な表現方法として価値があったのですが、今の音楽は全般的に概念的なものになっています。そうなると映画・アニメとの戦いになると思うのですが、はたして分はどちらに・・・