エボラ出血熱

2014/10/21

  WHOがナイジェリアのエボラ熱収束を宣言したというのがTLで流れています。他にも富士フィルム子会社の富山化学が開発したアビガンが効いているというニュースもあります。去る10月16日には国連の「あと60日が勝負。負ければ人類が敗北」というニュースがありました。NYダウの日足チャートを見ますと、そのニュースが出回った夜は(1ヵ月チャートで)前日の最安値よりはマシでしたが低い位置を保っており、しかも下ヒゲ(誰かが大量に安い値段で買った)です。

nyd

  今回のNYダウ下げと日経の下げは、エボラが原因になっています。私はこの前、10月はヘッジファンドが空売りで儲ける月だからマスコミを使って相場誘導したんじゃないか?と書きましたが、私の独断と偏見では「やはりそうだったか」という印象です。10/15は空売りの買い戻し。10/16は買い戻しの仕上げで値段が上がらないようにするため「60日敗北ニュース」を出して投資家の投げ売りをもう一息出させて、なるべく安く買い戻した感じです。空売りを買い戻したら、次は同時に仕込んだ安い株を高く売るわけです。だから「エボラ収束ニュース」です。

  そもそもちょっと前に「60日の勝負に負けたら人類滅亡だ」という核戦争勃発クラスの発言があったのに、舌の根も乾かないうちに「収束だよ〜ん」なんておかしいでしょw ナイジェリアで収束宣言なら、今後各所で収束宣言が出ると思われます。ネットには陰謀説が多々あり「ユダヤ資本の人口削減計画でアメリカがエボラウィルスをつくった」などの情報を見かけましたが、ユダヤに代表される国際金融資本は人口削減より先ず「金儲け」です。彼らは相場で世界経済を支配していて、相場で自分たち以外の投資家からお金を絞りとるのが仕事。エボラは相場を動かすためには良い材料でしょう。

  毎年SARSやら何かしら流行性の病気で「えらいこっちゃ」していますが、どれも気付かぬうちにマスコミが報道しなくなって、いつのまにか消えてしまってませんか?おかしいでしょ?おかしいことには、誰かの何らかの策略が動いているはずです。

  ま、私の妄想なので気にせずにw