大晦日

2014/12/31

  医療技術が未熟で人間の寿命も短く、生活が自然に左右される時代には「一年を無事過ごせ、また新しい年を迎えることができました。おめでたいことです。」ということになるのですが、現代では違和感しか感じられない正月です。

  一年の計は元旦にありと言いますように、人々は神社仏閣に多幸や安全を願い初詣します。人はみんな「幸福あるいは成功」の方向を希望して生きていると思いますが、「多くの人がなかなか希望を叶えられない」というのがリアル世界の常です。なぜなんでしょうね。私が今まで観てきたケースを思い浮かべると「人はなぜか選択の時に、失敗するほうを選ぶ」というのを感じます。失敗の引力に吸い寄せられるがごとくです。私のような砂漠の商人業も同じで、危ない時はサックリ逃げて、良いものに乗り換えてチャンスを逃さないようにする・・・というのが出来なければ、お金は乾いた砂漠に吸い込まれる水のように消えて行きます。なぜ失敗もしくは遠回りの方向を多くの人が選ぶのかは謎ですが、考えるのがめんどくさくなってきたので、これにてこの命題は終わりにします(笑)

  最近考えていたことと言えば「世の中が、かなりのかなりな速い速度で変化を遂げている」ということです。昔は変化速度が遅かったので、中高年になって頭が古くなったのですが、今は20代後半~30歳にもなると、頭が古くなっている人が多いように思えます。別に流行に乗るのが“古くない”というものではなく、思考回路がいつも新鮮でないと頭が古くなるという感じでしょうか。技術の発達は技術世界だけではなく、社会全体の多くの変化を加速させています。恐ろしい時代でもあり、反面おもしろ過ぎる時代でもあります。

  さて、もうすぐ正月が訪れます。“訪れ”というのは“音連れ”とも言い、昔の人は風の音で四季折々の訪れを感じたそうです。