新世界より

2015/07/12

  というアニメがあるんですが、最初の2話くらい見た感想が「うつうつ」した感じだったので放置してました。しかし気にはなっていたので続きを観てみると、かなり良かったです。原作厨の批判もあるようですが、原作者が出来上がりに文句を言っている記事は見当たらず、脚本は褒めていますしアニメ化にも期待しているという記述も見つけたので問題ないかと。ネタバレするので話の筋は書きませんが、簡単に言えば「過去から未来にかけて永遠に逃れられない人間の業を、作者独特の設定による世界でメタファー化した話」ということでしょうか。

  ところでキャラクター原案を手がけたのが「依り」さんという方。絵好きのサラリーマンで、ネットに作品を投稿していたのが監督の目にとまって採用。商業としての初仕事だったようです。凄く良い話ですね。高校は美術科に在籍ということですが、作品は本職レベルのクオリティです。イラストの世界は昔と比べて随分マトモになりましたね。昔はヘタクソで酷いほうが「なんかアートっぽい」ともてはやされ、画力がある作家なんてプロでもそんなに居なかったんですが、画力があるから採用されるという本来あるべき姿になっていて好感がもてます。

監督と依り氏の対談はココ
依り氏のイラスト作品はココで下に列んでるアイコンをクリックしたらいろいろ観れます。