びみょーな安保法案関係

2015/07/21

  日本で大騒ぎになっている安保法案and改憲問題ですが、要はこういうことですよね。集団的自衛権については、日本は国連に加盟している国だし「国際平和のための戦争がおきたらみんなで戦いましょう」という世界の決め事?にそろそろ日本も従わないわけにはイカンのでは?ってことですよね。日本に身近な話では、中国が攻めて来たらどうするのだ?or 今、アメリカと中国の雲行きが危ういのでどーするねん?みたいな問題もあるし。

  改憲については、日本国憲法の内容は「向こうが攻めて来たら戦っていいですよ」ですが、そもそも日本は軍隊や兵器の所有は憲法で認められていないんですよね。これが戦争永久放棄の決め事。だから軍隊ではなく自衛隊という建前になっているが、兵器は所有している。前者はいいとしても、兵器を持っているのは憲法違反じゃ???という矛盾を直すべきだという考え方。憲法改正で堂々と兵器を持てる国にし、自国を守れる国にしましょうと。

  と、このように簡単な話だったと思うのですが、改憲と集団的自衛権というのは理屈的には合ってることは合っている。しかし誰もが思うのは「国際平和のための戦争って何だ?」ってこと。ま、これ以降はアメリカの都合とか兵器商人だの資源の利権だの国際金融資本だの・・・が登場するわけで解り切っているから割愛。つか、中国vsアメリカのきな臭い問題って「戦争するする詐欺」ですよね。本当に戦争やったら中国は勝ち目ないししませんよ。いや、そういう問題でもないか。今、中国とロシアは手を組んでユーラシアで大経済圏をつくり、世界経済の覇権掌握を目論んでいますが、それを阻止したいアメリカとのせめぎ合いのひとつでしょう。要は戦争は誰かさんの金儲けのため。そんな戦争のために命は落とせない。この理屈は普通すぎるくらい合っています。

  というわけで、表向きには「憲法違反だ!」と言うしかないんですけど、重要な問題点は違うところにあるのが何とも。。。

  宇宙人が攻めて来たら、集団的自衛権発動に文句言う人はいないでしょうけどね。それこそ世界平和のための戦争。それとこの法案を小泉純一郎が首相で推進していたなら、世論はどうだったか?なんて考えたら面白いのでした。

  とまあ、時には時評などをw
 
 
P.S.憲法の内容とか記憶で書いてるので、間違ってたらすんまそんです。自分で勉強してください。それと、上ではざっくりと説明しましたが、つい最近リツイートで見つけた日本国憲法改正草案をリンクしておきます。変更後の文言がかなり興味深いです。