デザイナー

2015/08/18

  なんか、なんちゃらとか言うグラフィックデザイナーが盗作で炎上してますね。しかしネット民の恐ろしさは凄いもんで、あっちこっちから盗作元を引っ張って来たり、コンペ合格の馴れ合いの人脈図を持って来たり凄いですねwww あれほど沢山の前例があれば、オリンピックのマークも真似て作ったと言われても仕方がないでしょう。審査員もズブズブなようですが、類似意匠を見抜けないような審査員は廃棄すべきです。

  何年か前、ADC年鑑やらコピー年鑑を昔のものからいろいろ見る機会がありました。そうしたら、昔「カッケーー!」と思って見ていた広告のデザインも、時間を経てあらためて見ると「ダッセーー!」なんですよね。Youtubeもありますので昔のTVCMも見れるわけですが「あれ??こんなダサかったっけ?」と驚くわけです。例えば当時、アート臭プンプンだった話題のCM、サントリーのガウディTVCMなどもです。最近の広告も年鑑をちらほら見てますが「まあ、ありげだな」位しか思えません。業界を離れて(つまり一般人として)見てますから余計にそう感じるのでしょう。

  結局、アートアートとか言ってますが所詮ハリボテなわけで、すぐ色は褪せるしボロボロになるしで、時間がたつと「ダッセーー!!」になってしまう。商業デザインというのはそういうものですwww 私的に今でも鑑賞に堪えるデザイナーの作品は、戸田ツトム氏ですか。氏の作品の書籍は度重なる断捨離をくぐり抜け、今も保管しています。

  デザインをクリエイティビティと捉えれば、広告業界なんかよりアニメ業界のキャラクターコスチュームデザインやメカデザイン、アイテムデザイン等をやっているデザイナーの腕やセンスのほうが、数段上のクリエイティブ力があると思います。

  前にも書いたかもわかりませんが、スティーブン・ジョブズがピカソの名言を引用しての発言があります。少し前に「名言はよく見ると大したことは言ってない」とここに書きましたが、この名言は別格。そしてタイムリーです。
 

  天才は盗む。凡人は真似る。