Magic Leap

2015/10/28

  グーグルが5億4200万ドルを投資したMagic Leap社のウェブサイトのトップページが凄いです。WIRDの記事によりますと「特殊効果や合成なし」が売り物の会社のようです。近未来的には実現が予想可能だった技術ですが、具体的にどういう技術なのかが記事にはなく「ユーザーの脳とその生理に自然になじむようなデジタル光照射野をつくり出す方法」とだけ書かれています。もしMagic Leapサイトトップページのような事が肉眼で可能であるなら、インテルが資本参加したアスカネットのAIP技術を遥かに凌駕しています。ちなみに最近では超音波を使って空中映像に空中触覚まで実現されてきています。
  
  これら技術はエンターテインメントの面白さを飛躍的に高めますね。コンテンツの方向もかなり変化してくるでしょう。生き残っている昭和的コンテンツもどんどんなくなって行くでしょう。ま、エンターテインメントですから、どんどん代謝していったらいいと思います。