運動不足

2016/03/05

  運動不足ここに極まれりって感じの私です。あんまり歩くことさえないし、運動不足なのは少し気になっていました。しかし具体的に太ったりたるんだりといった目に見える変化がなかったので対処してなかったんですね。

  最近、梅田界隈をちょっと歩きました。これくらいなら時々やっている運動量なのですが、久しぶりに出して来た靴を履いてたんですね。この靴がちょっと変った代物で、かなり重いのと靴底が固くて曲がらない靴。デザイナーが癖のある人で、ここの靴はそういう傾向があります。だから歩きにくい。しかし前にも数回履きましたが、特に問題はおきませんでした。

  明くる日の夕方。少しふくらはぎや太ももがだるいような痛いような感じがしてきました。冷えたのかな?と思い、半身浴したら調子が良くなった気がしたのですが、これがさらに良くなかったのかもしれません(筋肉痛の初期は冷やすべき)。夜になってからだるさと痛みがどんどん増して来て眠るどころではなくなりました。家に湿布薬があったのですき間なく貼りましたがあまり効果なし。結局ベットでうなりながらほとんど眠れませんでした。

  とりあえず夜が明けてドラッグストアが開くまで、ネットで湿布薬を調べました。湿布薬の主成分にも歴史があって、1985年_インドメタシンから始まり1994年_ケトプロフェン、1995年_フェルナビク、そして2009年第四世代に当たるジクロフェナックナトリウムと変遷を重ねています。私の家にあったものは古い世代のインドメタシン配合のもの。

IMG_1224

  よし。最新のジクロフェナックナトリウムで行こうと決め、ドラッグストアの開店を待って突入。いろいろ売ってますが、やはり古い世代のものは安く新世代になるほど高くなってます。しかし中途に金を出して効果が薄かったら何をやっているか解らない。というわけで予定どおり最新世代で商品名:ボルタレンEXという貼り薬と塗り薬を買ってきました。さっそく痛みの部分→臀部~太ももからふくらはぎ~足首までLサイズをベタベタに貼りまくって、出来たすき間は塗り薬で埋めました。パーフェクトです(笑)

 【その結果】もうめちゃくちゃ効果があって驚きです。流石お金はただ取らない。最新技術最強ですね。あっさり痛みがおさまり、やっと眠れました。

  というわけで筋肉痛用の湿布薬のレビューをやってみました。しかし今回の筋肉炎症が終わったら人並みの運動を継続しなければならないと思いましたね。こういう機会がなければ気付かなかったでしょう。