昨日CDの出稿を全て済ませました

2012/05/20

  全てと言っても音源データとジャケット印刷データしかないですけど。肩の荷が下りましたね。

  なんとなく次の作品のことを考えながら部屋を片付けたりしています。今回のアルバムのミックスはかなり難しかったです。ドラムを使う場合はキックとベースのメロディがシンクロしますので、ボトムにメリハリがつけられたりするのですけど、ボクの曲はそうじゃないものが結構あったりします。エレクトロニックなリズムにロングトーンのベースの曲なんか、ボトムのボリューム感を決めるのに微妙すぎて疲れました。完全に調整されたモニター環境があれば簡単なのかもしれませんが。今いちばん欲しいものは、ボトムまでしっかりフラットにモニターできる環境ですね。

  で、次の曲ですが、もうちょっと簡単なアレンジのものをやりたいです。正直疲れます(笑)今回のアルバムは無駄な音は入れてませんが、かなり高密度につくってあります。シンセでイメージに近い音を探しながらパラメーターをいじってイメージどおりにし、トラックを構成していく。そういう作業もいいのですが、もっと音楽の原点に戻って「美しいメロディーに最小限度の伴奏」というスタンスに立ち戻ってもいいかと。

  Youtubeを散策していますと、日本では聞き慣れないミュージシャンの美しいメロディーのシンプルな曲がアップされていたりしてドキっとすることがあります。その時「美しいメロディーってまだまだあるなあ」なんて思ったりします。