今年を振り返っての雑感。

2013/12/31

  心穏やかな一年でした。ひょうひょうと淡々と過ごせましたね(笑)こういうの好きです。では以下なんとなく書いてみます。

  萌える一年…アニメオタク化計画初年度(笑)この一年でアニメを約200タイトル観ました。アニメ好きだけに置いておくのはもったいない作品も多かったですね。イメージ力や世界観、コスチュームやメカのセンス等のグラフィック力にも感心するものが多いです。人物を描く画力も素晴らしいです。我々の時代の有名プロイラストレーターでまともな人物ドローイングができる人は僅かでしたので、それらを完全に凌駕します。OPやED、挿入歌にもセンスのいい音楽を発見したりします。日本の音楽で久しぶりに何曲かiTunesで買いもしました。来年あたりコミケへ社会見学に行きたいです。

  バーチャルエンターテインメント…「リアルのアイドル・タレントはグラビア系を除き、バーチャルアイドル・タレントに殲滅される」と私は予言しました。今やリアルのアイドル・タレントファンの方が例えばAKBオタやジャニオタと呼ばれるようになり、オタクになってきました。(オタクと便宜上表現していますが、マーケティング上のセンシティブという意味ではありません。実情はレガシーですので。)リアルではアーティストという勘違いな自負が、彼らを時代遅れで陳腐なものにさせています。日本のバーチャルエンターテインメントの技術やセンスは、世界を席巻するでしょう。

  燃える相場…今年はガンホーのように凄く値上がりした銘柄が出現しました。あと記憶にあるのはバイオ、ゲーム・IT系で特にLINE関連。私の守備範囲ではそういった業界です。案外とカジノ関係はダメでしたね。来年の銘柄はもう決めて所有しています。とある企業の革新的な技術が大きなパラダイムシフトを起こす可能性が出て来ました。虚偽のIRを出すようないい加減な会社ではない所か堅実な会社なので一応信用していますが、性能評価サンプルが出荷されてスペック通りなら、ガンホーの一年で100倍記録を軽々と抜いて行くでしょう。日本の技術は素晴らしいですね。ソフトウェアの海外、ものづくりの日本。これは鉄板なのでしょうか?

  そろそろ23時も過ぎましたので、この辺で。みなさま。よいお年を。