ラブライブゲームアプリ 2段ロケット点火でS高w

2014/06/12

  今日KLabの「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルの簡体字版を中国向けにリリース」というパブリシティでストップ高。先日KLab=ラブライブネタを取り上げましたが、早速2段目に点火しました。ラブライブ恐るべしw というか、KLabの空売りを観察していたんですけど、モルガンスタンレイがショートポジションを解消していてドイツ銀行がポジション増やしてたんですよね。大手海外投資機関のインサイダーは日常茶飯事ですから、これは来るかもって思ってたらやはり来ました。モルガン勝利でドイツは丸焼きになっているかもです。(ポジションの開示は遅れますので、ドイツはギリギリ解消しているかもしれませんが)

  スマホゲームは中国の人口が多いというメリットが活かせますので、ビジネスとして最適ですね。中国はショップを出しても反日暴動は起きるし、工場は賃金で揉めてストがおきるし、それ以前にビジネスでお金を回収できるかどうかも解らない。その点スマホゲームなら課金は先払いで電子処理ですし、普通のソフトのようにコピー版が出回る事もない。システムごとまるっぽコピられたりしても、アップデートには追従できないでしょう。

  ↓なゲームのようですが、私は前に投資の資料としてダウンロードしただけで、ゲームは好きではないので何もやってません(笑)

  このアニメの主人公がリーダーをつとめるμ’sというグループが、スクールアイドル人気ダントツNo.1だったA-RISEに勝つという所まで現在アニメで放映されました。そのA-RISEですが、μ’sと比較してアカ抜けているしかっこいいんですよね。リーダー格のショートカットの女の子は、帝王の風格が感じられるよう描かれています。その帝王にみんなで頑張って頑張って勝つ!というのがいかにも日本人的。アニメの王道のようなストーリーになっています(笑)私は性格的に、最強は不動の地位で敵を瞬殺し続ける司波達也みたいなキャラ設定とストーリーが合うんですが(笑)